2019.10.24 IABCジャパン セミナー開催報告「コミュニケーション・プロフェッショナルのキャリア開発」

ビジネスコミュニケーターの国際団体IABCのジャパンチャプターは、10/24(木)に「コミュニケーション・プロフェッショナルのキャリア開発」セミナーを開催しました。
改めて考えてみると、広報業務のキャリアパスについて議論する機会はなかなか無いのではないでしょうか?ましてや、「今の時代」だからこそ必要とされるスキルや能力は何なのかについて、誰かと議論する機会は稀有と言えるでしょう。

今回のIABCジャパンチャプターのセミナーでは、「コミュニケーション・プロフェッショナルのキャリア開発」と題して、世界のコミュニケーターたちが自らのキャリアについて何を基準にしているのか、IABCが考えるコミュニケーションのプロフェッショナルの価値について紹介しました。

海外企業の広報活動について事例紹介する雨宮IABCジャパン代表

そもそも企業に求められるコミュニケーション姿勢には大きな変化が生じています。以前は、広報担当者の役割といえば「情報発信」のように捉えられていました。しかし、今日ではさまざまな異なる文化的背景、主義主張を持ったオーディエンスたちとの「価値観の共有」ができなければ、コミュニケーション・プロフェッショナルとは認められないとさえ言われるようになってきています。

「情報発信」が主であったころには、コピーライティングや表現の豊かさにキャリア開発の主眼が置かれていたかもしれませんが、「価値観の共有」が要求されるようになった今、コミュニケーション・プロフェッショナルには更なる視座の高さ、視野の広さが求められていると言えるでしょう。
IABCでは、これらを6つの原則にまとめあげています。①倫理、②一貫性、③コンテキスト、④分析、⑤戦略、⑥エンゲージメントです。
例えば、上記②の「一貫性」とは背景を異にするオーディエンスに対して、それぞれに適切な情報伝達が出来ているかどうかを試すものです。

キャリア・パスチャートについて解説する池田理事

上記原則は、いずれも経営と一体となって発揮される能力ですが、世界各国のコミュニケーターたちは、これらを意識して、経営に近い立場で自らのミッションを執り行っていることが分かります。
2019年も残すところあと2か月を切りました。皆様は来年に向けてどのようなキャリアパスをお考えでしょうか。ぜひ、情報交換させてください。

IABC ジャパンチャプターでは、ビジネスコミュニケーターの皆様に役立つ情報を発信していきます。次回イベントは12月のイヤー・エンド・パーティです。皆様お誘いあわせの上、是非ご参加下さい。

【次回開催概要】
次回12月はIABC ジャパンの活動に参加頂きました方々と親交を深め、情報交換の場とするために、ささやかながらイヤー・エンド・パーティを企画しております。
下記の日程でご都合がよろしければ、是非ご参加ください。

日時:2019年12月5日(木)午後6:30~
場所:IABC JAPAN事務局<クロスメディア・コミュニケーションズ㈱オフィス内>
    東京都港区南青山6-7-3 桜木ビル5階
https://crossmedia.co.jp/company
会費は無料。基本的にはこちらで用意しますが、お好みの飲み物や食べ物がありましたら、お持ち寄りください。
参加フォーム:https://forms.gle/2HNYKT4TecpfuNUb7
〆きり: 12月2日(月)

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

IABC JAPAN事務局
日馬 圭野
tammy.kusama@iabc.jp

Events

Posted by kusama